NTTデータシステムズとウイングアークが提携--ERPソフトと帳票開発ツールを連携

ニューズフロント 2006年09月12日 15時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータシステムズとウイングアーク テクノロジーズは9月12日、NTTデータシステムズのERPパッケージソフト「SCAW」とウイングアークの帳票開発ツール「Super Visual Formade(SVF)」の連携に向け協力すると発表した。ウイングアークは、NTTデータシステムズからSCAWアライアンスパートナー制度の認定を受け、パートナー契約を結んだ。

 両社はSCAWとSVFの連携を強化し、顧客の要求に応じた帳票開発や帳票出力システム構築の容易化を目指す。さらに、SVFの帳票アウトプット機能をSCAWと統合し、帳票運用の集中管理や帳票出力情報のログ管理を可能とすることで、「内部統制に備えたセキュアな帳票運用を実現する」(両社)。

 なお、NTTデータでは、SCAW関連事業の目標を、2006年度は売上高100億円、導入累計1200システム、2008年度は売上高200億円、導入累計1700システムとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから