「iBook」のバッテリパックを大解剖--ブログ「J.O' Gradyのアップルコア」より

Jason D. O'Grady(PowerPage.org) 2006年09月12日 19時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleマシンのバッテリパック、中身はいったいどうなっているのだろう? というわけで、実際にのぞいてみた。それほど複雑な仕組みを備えているわけでもないのに、複数の電池が集まっただけの小さな塊が、よくもこれだけのパワーを発するものだと実に驚いた。

 今回は、「coconutBattery」ツールを参照しながら、「iBook G3」(デュアルUSB)のバッテリパックを分解してみた。同ツールによれば、同マシンのバッテリは負荷サイクルが496を超えたころから性能が落ちるという。

 下の画面に見られるように、最初は4000mAhあったバッテリの容量は、14mAhしか残っていない。容量が減っているだけではなく、充電も行われていないことがわかる。……

(中身の写真は、ブログ“J. O'Gradyのアップルコア”でご覧になれます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?