IBM、データを暗号化して保存するテープストレージ製品を発売

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉 2006年09月12日 19時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間9月12日、データを暗号化してテープドライブに保存するストレージ製品「IBM System Storage TS1120」を発表する予定だ。

 TS1120は、ユーザーの使用機器がIBMのメインフレームであれUNIXシステムであれ、データの暗号化をテープレベルで可能にすることを目指している。同製品では、暗号化のためのアプリケーションをインストールする必要がなく、基本システムだけでデータを暗号化できる点も特長だ。

 IBMのエンタープライズストレージ担当オファリングマネージャー、Randy Middlebrooks氏は「顧客がデータを紛失し、新しい法律が可決される時代には・・・データを保護することは誰にとっても重要だ」と話す。テープドライブは今でも、企業がデータ保存に利用する主な手段の1つだ、とMiddlebrooks氏は言い添えた。

 TS1120は発表に合わせて出荷開始され、価格は3万5500ドルになる見込みだ。

 IBMは、ヘルスケア、保険、金融といった業界の顧客が、暗号化が可能なテープドライブを大量に購入し、各社の顧客データを保存する手段として使用することを期待している。法規制の改正で、社内の文書と同様に、企業が管理する顧客記録のプライバシーおよびセキュリティ要件が厳しくなった

 IBMはこうした状況を受け、自社技術に暗号化を導入する取り組みを強化している。同社は2006年4月、ハードウェアベースのセキュリティ技術「Secure Blue」を発表した。Secure Blueは、プロセッサを介してデータを暗号化および復号化することを目指している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!