トリップワイヤ、「Tripwire for Servers」「Tripwire Manager」の新版を発表--64ビットに対応

CNET Japan Staff 2006年09月13日 19時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリップワイヤ・ジャパンは9月12日、変更管理ソフトと管理コンソールの新版、「Tripwire for Servers 4.7日本語版」および「TripwireManager 4.7日本語版」の販売を開始すると発表した。

 新版は64ビット版プラットフォームに対応する。現在Tripwire Manager 4.6日本語版およびTripwire for Servers 4.6日本語版を使用中でサポート&メンテナンスの契約期間が有効な顧客は無償でアップグレードできる。

 価格は、Tripwire Manager 4.7日本語版が194万2500円、Tripwire for Servers 4.7日本語版が20万7900円。初年度サポートとメンテナンス料金を含む。同日から受注を開始し、9月20日に出荷を開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR