ラリタン、ITインフラ管理製品「CommandCenter NOC 日本語版」を販売開始

CNET Japan Staff 2006年09月13日 19時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ラリタン・コンピュータは9月12日、ITインフラ環境の監視・管理をサポートするITインフラ管理製品「CommandCenter NOC日本語版(CC-NOC)」の販売を同日から開始すると発表した。

 CC-NOCは、ネットワークやシステムの管理、劣化による障害の回避、パフォーマンスの維持、脆弱性やセキュリティ・リスクの検知を一元的に行う監視・管理アプライアンス。管理アーキテクチャのCommandCenter Secure GatewayおよびKVMスイッチなどのアクセス/制御アプライアンスと組み合わせることで、システム、ネットワーク、事前検知型のセキュリティなど、ITインフラの統合的な管理を実現する。

 価格はオープン。年間300台程度の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?