必要なサーバのみ電源を入れるクラスタ最適化ソリューション--日本IBMと東芝ソリューション

ニューズフロント 2006年09月13日 22時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)と東芝ソリューションは9月13日、サーバリソースの運用を最適化するクラスタソリューションの受注を開始した。負荷変動の激しいシステムに同製品を適用すると、アクセスや処理要求が急増しても安定した応答時間でサービス提供が可能になるという。

 このクラスタソリューションは、東芝ソリューションのクラスタシステム構築ソフト「DNCWARE ClusterPerfect EX V9」と、日本IBMの負荷管理ソフト「IBM Virtualization Engine Enterprise Workload Manager V2.1(EWLM)」を連携させる。

 EWLMはアプリケーションの応答時間を監視し、アプリケーションの負荷状況をClusterPerfect EXに伝える。ClusterPerfect EXは、応答時間が悪化しているアプリケーションをみつけると、新たにサーバとアプリケーションを起動し、システムとしての処理能力を高め、応答時間を改善する。

 このように処理することで、安定したサービスの提供を図る。負荷の低い状態では不要なサーバの電源を落としておけるため、消費電力を抑えられる。

 また、ClusterPerfect EXが蓄積する標準形式Common Base Event(CBE)のログ情報は、日本IBMの自己修復ソフト「IBM Build to Manage Toolkit for Problem Determination」で処理し、システム障害時の問題判別を迅速化する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR