NEC、高可用性ソフトのブランドを「CLUSTERPRO X」に統合--新製品の販売も開始

ニューズフロント 2006年09月14日 13時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは9月13日、高可用性ソフトのブランド名とシリーズ名を「CLUSTERPRO X」に統合するとともに、クラスタ管理ソフトの最新版「CLUSTERPRO X 1.0」および「CLUSTERPRO X HA/SimplifiedManager R1.1」の販売を開始した。

 今後、これまで「CLUSTERPRO」ブランドで販売していた各製品は、すべて「CLUSTERPRO X」シリーズとして提供していく。

 CLUSTERPRO X 1.0は、WindowsとLinuxプラットフォームが混在するシステムを統合的に管理するためのソフト。システム全体を1つの管理サーバから管理できる。同一のクラスタシステム内では、共有ディスク構成とミラーディスク構成の併用が可能になっている。

 加えて、パーティション単位でのミラーリングやミラー構成の多重化なども新たに可能となった。また、遠隔クラスタ機能を強化し、新たに非同期でのデータ書き込みを実現した。

 CLUSTERPRO X HA/SimplifiedManager R1.1は、複数のHP-UXサーバで利用しているCLUSTERPRO Xシリーズ製品の設定を、一元的に管理できる。これにより、多数のHP-UXサーバで構成されたクラスタシステムの管理が効率化するという。

 税別価格は、CLUSTERPRO X 1.0が60万円から、CLUSTERPRO X HA/SimplifiedManager R1.1が11万5000円から。NECでは、今後3年間にCLUSTERPRO Xシリーズ全体で200億円の販売を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR