SRA、有償の「SOA開発基盤 ASIMA」を販売開始--BPEL機能を強化

CNET Japan Staff 2006年09月15日 13時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SRAは9月13日、有償の「SOA開発基盤 ASIMA(Application and Service Integrating Middleware Assemble)」の販売することを発表した。

 SRAでは、無償版の「SOA実行基盤」を同社ウェブサイトで公開していた

 今回の有償版には、開発環境「Eclipse」とWebサービスサポート機能を持つプラグイン「WTP」が付属する。また、BPEL(Business Process Execution Language:ビジネスプロセス実行言語)機能が強化され、SRAが独自開発したフレームワークも同梱する。

 無償版でSOAシステム構築のパイロットプロジェクトを行った企業や、新たにSOA導入を検討している企業/自治体が主な営業対象。

 価格は1ライセンス40万円。年度内に100本の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!