住商情報システム、ウェブ専用ロードバランサー出荷--コンテンツ圧縮やキャッシング機能も搭載

CNET Japan Staff 2006年09月15日 13時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システムは9月13日、米NetContinuum製のウェブ専用ロードバランサー「NC-1100WLB」の出荷を同日より開始すると発表した。

 NC-1100WLBは、サーバロードバランス機能に加え、コンテンツの圧縮機能、SSL処理高速化、レスポンスタイム向上のためのキャッシング機能を持つアプライアンス製品。また、キャッシュにはハードディスクではなく、メモリを使用することで高速な通信が可能となっている。

 シリーズ最上位の「NC-1100AG」から、サーバの負荷分散および負荷低減の機能だけに絞って提供することで、価格を抑えた。まずこの製品から始めて、アプリケーションセキュリティ機能が必要になればNC-1100AGにアップグレードすることができる。アップグレードは、セキュリティキーの登録だけで可能だ。

 税別価格は385万円。NC-1100AGへのアップグレード価格(税別)は220万円。なお、NC-1100AGの税別価格は564万円。初年度150台の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!