CA、「Unicenter ServiceDesk r11.1」を発表--CMDBを基盤

CNET Japan Staff 2006年09月16日 17時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本CAは9月14日、企業におけるITサービス/サポート業務を効率化し、コンプライアンス対応を支援する「Unicenter Service Desk r11.1」を発表した。

 Unicenter Service Desk r11.1は、CMDB(Configuration Management Data Base、構成管理データベース)を基盤としたサービスデスクソリューション。ITサービス/サポート業務の効率を改善し、サービス品質の向上を実現するという。

 ワークフロー機能を持つため、これをインシデント管理や問題管理と連携させ、共有された情報を分析し、迅速に問題解決を図ることが期待できる。他社製品との連携も可能という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR