ニイウス、データシナプス製の仮想化・グリッドソフトを販売開始

CNET Japan Staff 2006年09月16日 21時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニイウスは9月14日、米DataSynapseと提携し、日本国内第1号となる販売代理店契約を締結したことを発表した。

 DataSynapseのソリューションは、利用可能なコンピュータ・リソースを増加させ、リソースを必要としているところへの再割当てを可能にする。

 この提携でニイウスは、DataSynapseの仮想化・グリッドソフトウェア「DataSynapse GridServer」および「DataSynapse FabricServer」の販売を開始。ニイウスのグリッド/オートノミック・コンピューティングセンターに蓄積されたアプリケーション仮想化技術とDataSynapseのソリューションを組み合わせて提供する。

 両製品は、アプリケーションの仮想化および共有された異種間のシステムリソースのプロビジョニングを可能にする。DataSynapse GridServerは、計算集約型およびデータ集約型アプリケーションを仮想化する製品で、一方のDataSynapse FabricServerは、IBM WebSphere、BEA Weblogic、JBossなどのアプリケーション・サーバで稼動するトランザクション処理を仮想化する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!