日本IBM、モバイル環境でのPC活用を考慮したセキュリティシステムを構築

WebBCN (BCN) 2006年09月19日 09時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総合ビル管理のアサヒファシリティズ(常盤正之社長)と日本IBM(大歳卓麻社長)は9月14日、PCからの情報漏えい防止などを目的に、モバイル環境でのPC活用を考慮した新統合セキュリティーシステムを構築し、アサヒ ファシリティズにおいて9月から稼動を始めたと発表した。

 新システムは、設備点検や巡回など、モバイル環境でのPC活用を想定して設計。指紋認証、検疫システム、データ保護システムの3つの機能を統合した。具体的には、ネットワークを経由して各PCの属性(ドメイン)を一元的に管理し、監視サーバー側の認証局によってアクセスの可否やログの収集を行う。

 各PCにはエージェントと呼ばれるソフトウェアを導入。監視サーバーに接続していないモバイル環境でも、ユーザー認証やウィニーなどの導入防止・起動検知・終了処理ができる。さらに、指紋認証と暗号化の機能の組み合わせにより、PCやメディアの盗難や紛失の際の情報漏えいを防止する。

 監視サーバーにはIBMの「IBM eServer xSeries」、監視サーバー用ソフトにはIBMのe-ビジネス基盤ミドルウェア「WebSphere」、データベース管理ミドルウェア「DB2」を採用。PCクライアント用ソフトは、日本IBMの大和研究所が開発したエージェント技術を利用している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!