トレンドマイクロ、中規模企業向けセキュリティアプライアンスを発表

ニューズフロント 2006年09月19日 18時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは9月19日、セキュリティゲートウェイ装置「Trend Micro InterScan Gateway Security Appliance」の販売を10月26日に開始すると発表した。主に、従業員数100〜1000人規模の企業を対象とする。価格は89万7000円から。

 InterScan Gateway Security Applianceは、電子メールとウェブアクセスに関するセキュリティ機能を1台に集約したセキュリティアプライアンス。ブリッジ型であるため、既存のネットワーク環境に手を加えず導入できる。

 ウイルス対策、スパイウェア対策、スパム対策、コンテンツフィルタリング、IPフィルタリング、URLフィルタリング、ボット対策、大規模感染予防サービスのほか、マルウェアに感染したクライアントを復旧するサービスを備える。

 記憶装置は、ログデータや隔離ファイルの保存に使うハードディスクと、検索エンジンやパターンファイルなどのプログラムを格納するCFカードの2つを使い分けるため、「ハードディスクの障害が発生してもディスクレスモードで稼働し、障害の影響を最低限に抑える」(トレンドマイクロ)。

 最大ユーザー数の違いにより6モデルを用意する。各モデルの最大ユーザー数と税別価格は以下の通り。

  • M100:100人、89万7000円
  • M200:200人、156万2000円
  • M300:300人、211万4000円
  • M600:600人、258万6000円
  • M800:800人、308万4000円
  • M1000:1000人、346万4000円

 トレンドマイクロでは、今後1年間で3億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR