日本IBM、新会社設立などで人事業務のBTOサービス事業を拡充

ニューズフロント 2006年09月21日 12時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は9月20日、人事業務の業務受託(BTO)サービス事業の拡充に向け、新会社「日本アイ・ビー・エム人財ソリューション(IHCS)」を設立するとともに、アイ・ビー・エムビジネス コンサルティング サービス(IBCS)との連携を強化すると発表した。

 IHCSは、100%子会社である日本アイ・ビー・エム人事サービス(HRS)と日本アイ・ビー・エム研修サービス(LSJ)を10月1日付で統合して設立する。HRSとLSJの統合により、給与、福利厚生、採用などの業務と研修業務を合わせた包括的な人事サービスを、一元的に提供する体制を整えられるという。

 資本金は1000万円。社員数は約300人。社長は、日本アイビーエム・ビジネス・ソリューションの代表取締役社長である伊藤重光氏が兼任する。

 また、日本IBMは、BTO事業拡充策の一環として、IBCSのヒューマン・キャピタル・マネジメント(HCM)部門との連携強化を図る。

 具体的には、IBCSのHCM担当パートナー/執行役員である大池一弥氏がBTO事業のHR BTOソリューション担当パートナーを兼務する。これにより、IBMグループの人事サービスに関するノウハウと、IBCSが持つHCMコンサルティングのノウハウを融合し、IHCSおよびIBCS、日本IBMの3社の連携を密にし、「多様化/高度化する顧客ニーズに対応していく」(日本IBM)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!