アクサテック、VMware ESX Serverを導入--9台の物理サーバで131台の仮想サーバが稼働

CNET Japan Staff 2006年09月21日 19時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴイエムウェアは9月20日、アクサテクノロジーサービスジャパン(アクサテック)が仮想化ソフト「VMware ESX Server」を導入し、サーバの移設とデータセンターにおけるサーバ集約を行ったことを発表した。

 アクサテックでは、本社移転とデータセンターの統合によるITインフラの移設を短期間で完了させるために同製品を採用。Windows NT Server 4.0がインストールされたシステムを仮想化し、ディスクイメージファイルとしてメルボルンに送ることで、4カ月間でWindowsサーバ80台の移設を完了した。

 現在アクサテックは、メルボルンと本社のデータセンターにおいて、9台の物理サーバで131台の仮想サーバを稼動させている。これにより、約90%のスペースを削減した。

 今後は、現在使用している物理サーバの統合を進め、より効率的な運用を行っていく計画だ。さらに、「VMware Infrastructure 3」への移行により、現在稼動中の仮想サーバを統合する計画もあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!