アプリケーションサーバ経由でもアクセスログ取得可能なDB監査アプライアンスが登場

CNET Japan Staff 2006年09月21日 20時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ティーディー・セキュリティ(TDセキュリティ)は9月20日、米Imperva製データベース監査アプライアンス「SecureSphere(セキュアスフィア)」の最新版の販売を同日から開始すると発表した。

 販売開始となったのは、「SecureSphere V5.0 データベース モニタリング ゲートウェイ(DMG)」と「SecureSphere V5.0 データベースセキュリティゲートウェイ(DSG)」の2機種。

 新版となるV5.0では、エンドユーザーのアプリケーションサーバ経由によるDBへのアクセスログを取得することが可能になった。G4/G8/G16/の3機種がラインアップされ、最下位機種のG4で500Mbps、5万SQLトランザクション/sec。最上位機種のG16では、2Gbpsのスループットを実現している。

 価格は、G4が560万円から。2006年度に20社への販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR