L・トーバルズ氏、海賊語でLinuxカーネルのバージョン2.6.18を発表

文:Renai LeMay(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年09月22日 14時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間9月21日、Linuxの生みの親であるLinus Torvalds氏が年に一度の「海賊のように話す日(Talk Like a Pirate Day)」に乗じて、オープンソースOSであるLinuxの中核を成すカーネルのアップデートを、航海用語をふんだんに織り込みながら発表した。

 Linuxカーネルのバージョン2.6.18に関する米国時間9月20日の公式リリースは、Torvalds氏の「やあ!準備万端、錨を上げろ」という文句から始まり、「新入りども、お宝を分けてやるぞ」と続いている。

 「あんまし変わっちゃいねえが、defconfigのパッチは盛りだくさんだぜ。どんなもんか知りたきゃ、この電子メールの後ろの方に詳しく書いてあっから、ちゃんと見とけよ!」(Torvalds氏)

 Torvalds氏はリリースに「ライナス--キャプテンって呼んでくれ」と署名している。また、船底ネズミのAl ViroやAndrew Morton船長など、有名なカーネル開発者たちにも海賊らしいあだ名を付けて列挙した。

 電子メールに記されたカーネルのアップデート情報にも、たくさんの海賊用語が散りばめられている。下記にその一例を紹介しよう。

[MTD]NAND: 島流しにされていたKconfigのURLをロープで縛り上げて回収

e1000: 障害番号「82542rev3」のどうしようもねえTXタイムアウトハング問題を修復

[ARM]3793/1: S3C2412: 誤って結合された情報構造の隙間に挟まっているフジツボを除去

デイビー・ジョーンズ:こいつには手出してない。こいつがia64のmake headers_checkを直してくれてるはずだ。

[JFFS2][SUMMARY]反吐の出るサマリ収集バグを修復。やったぜ!

 海賊のように話す日は、毎年9月19日に世界中で実施されている。日常会話をすべて海賊語で行うという。一風変わったイベントだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?