芝浦工大の新キャンパスでPHS対応、10Gbpsの音声/データ統合ネット--NECグループが構築

ニューズフロント 2006年09月22日 21時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECネッツエスアイ、芝浦工業大学は9月22日、芝浦工大の豊洲新キャンパス内に設けた音声/データ統合IPネットワークについて発表した。同ネットワークには、NECのSIP対応テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」、IP電話機400台、内外線対応PHS端末200台も導入し、モバイルセントレックスシステムを構築した。

 豊洲新キャンパスでは、帯域幅が1Gbpsだったバックボーンネットワークを10Gbpsに強化したうえで、電話、電子メール、音声メール、FAXなどの統合利用が可能なシステムとした。これにより、約200人の教職員は、PHS端末を用い、各人に割り振られた1つの電話番号で内線および外線の両方を利用できるようになった。さらに、外出先から自分あての電話やFAXを電子メールで確認することも可能だ。

 芝浦工大は、10月より大宮キャンパスでも同様のネットワークシステムを展開する。さらに、順次ほかのキャンパスへのIP電話システム導入も進める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから