アルチザネットワークス、WiMAX機器向けテスト製品を提供開始

ニューズフロント 2006年09月22日 21時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルチザネットワークスは9月22日、米Invenovaと無線ブロードバンド技術WiMAXに関する販売代理店契約を結んだと発表した。これにより、アルチザネットワークスは、WiMAX対応機器向けの相互接続テスト製品系列「INVENOVA Astro8000」の国内販売を始めた。

 Invenovaは、WiMAX対応機器の相互接続性を推進する非営利業界団体WiMAX Forumのメンバーである。WiMAXの固定接続モードであるIEEE 802.16d規格や移動接続モードであるIEEE 802.16e規格に準拠した機器を検査するための、相互接続テスト製品を提供する。Invenovaの製品は、WiMAX Forumが唯一推奨している製品という。

 アルチザネットワークスは、InvenovaのWiMAX関連製品を販売するだけでなく、技術サポートも提供していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!