日本HP、ストレージ関連ソフト2製品を発売--ライセンス見直しで最大62%の値下げ

CNET Japan Staff 2006年09月23日 02時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は9月21日、2つのストレージ関連ソフトウェア製品を同時に発売すると発表した。

 今回発表されたのは、ディスクバックアップ機能を強化した統合バックアップソフトの最新版「HP OpenView Storage Data Protector 6.0」と、異機種環境でのストレージリソース管理やプロビジョニングに加え、データバックアップ作業の監視などの作業を一元的に行える「HP Storage Essentials 5.1」。

 ライセンスも見直し、Protectorは最大62%、Storage Essentialsは最大15%値下げした。

 OpenView Storage Data Protector 6.0の参考価格が19万7400円からで、9月下旬から出荷予定。Storage Essentials 5.1の参考価格は428万4000円からで、10月下旬からの出荷を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?