青色レーザー利用の「UDO」対応ドライブを発売--コニカミノルタオプト

ニューズフロント 2006年09月25日 14時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コニカミノルタのグループ会社コニカミノルタオプトは9月25日、英Plasmonの「Ultra Density Optical」(UDO)対応ドライブなどの国内販売を10月に開始すると発表した。

 UDOは、相変化光ディスクに青色レーザーでデータを記録する技術。Plasmonが開発し、欧州電子計算機工業会(ECMA)が規格として認定した。

 5.25インチのカートリッジ型ディスクを記憶メディアとして使い、両面で30Gバイトのデータを記録できる。2007年には記憶容量が60Gバイトに増え、将来に向けて120Gバイト、240Gバイトといった大容量化の開発も進んでいる。

 コニカミノルタオプトは、UDOの基幹部品であるOpto Mechanical Assembly(OMA)の生産委託をPlasmonから受託し、2005年より供給してきた。今回、UDOドライブ完成品の国内総販売代理店となることをPlasmonと合意し、UDOドライブ事業に本格参入する。

 「大容量ストレージ市場は、2008年施行予定の日本版SOX法はもとより、2005年に施行された個人情報保護法への対応のため、ますます拡大する」(コニカミノルタオプト)

 コニカミノルタオプトは、単体のUDOドライブ2モデルのほか、UDOライブラリシステム9モデルの販売を始める。ライブラリシステムに搭載可能なドライブの台数は1〜12台で、記憶容量は720G〜19.1テラバイトとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR