NEC、クラスタ型DBの性能を構築前に予測する手法を開発--データコピー発生量を理論的に把握

ニューズフロント 2006年09月25日 14時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは9月25日、クラスタ型データベース(DB)「Oracle Real Application Clusters」向けの性能予測手法を発表した。この手法を利用すると、複数サーバによるDBシステムの定量的な性能評価を、構築前に実施できるという。

 NECは、クラスタ型DBシステムの処理効率低下の主要因であるサーバ間のデータコピー量を見積もるために、新たな解析モデルを開発した。同モデルにより、サーバ間のデータコピー発生量を理論的、解析的に把握できるようになった。さらに、詳細なシステム構成が決まる前の設計フェーズに向けて、解析モデルを適用するための手法を整備した。

 この手法を使って、システム構築の初期段階で性能を予測することで、システム性能設計および性能要件定義を支援し、設計段階で定量的な性能評価を実施可能とする。NECが検証したところ、データコピー量の実測値と予測値の誤差は10%以下になったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから