サークルKサンクス、30テラバイトのDWHが稼働--オラクルのDBとBIを採用

CNET Japan Staff 2006年09月26日 17時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは9月25日、サークルKサンクスの調達および売上分析システムをオラクルのデータベース(DB)とビジネスインテリジェンス(BI)技術で刷新したことを発表した。同日稼働を開始した。

 サークルKサンクスは、マーチャンダイジング(商品計画)とスーパーバイザー(店舗の診断と改善)のために、調達システムと売上分析システムを統合。これまで分散されていた営業情報をこのシステムに集約し、情報活用の推進と業務プロセスの統合を行った。また、同システムを基盤とし、調達および売上分析を短期間かつ低コストで実現したい考えだ。

 システム構成は、データ基盤に「Oracle Database 10g」と「Oracle OLAP」を利用し、インテルの「インテルItanium 2 プロセッサ」を搭載した富士通製の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」を採用している。初期サイズは30テラバイト。分析アプリケーションには「Oracle Business Intelligence Suite」を使用した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR