インテックとサン、次世代EDIソリューション分野で協業--日本独自のミドルウェアを共同開発

CNET Japan Staff 2006年09月26日 19時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテックとサン・マイクロシステムズは9月25日、今後流通業界における電子商取引分野に普及が見込まれる、ネットを活用した次世代EDI(Electronic Data Interchange、電子データ交換)システム・ソリューション分野で協業し、共同で市場開拓を推進すると発表した。

 両社は、次世代EDIのためのミドルウェアを日本独自で共同企画開発し、インテックのEDIソフトウェアおよびサンのハードウェア製品と組み合わせたソリューションの提供を同日より開始する。

 具体的には、次世代EDIで標準として利用される通信手順「EDIINT AS2」および「ebXML-MS」に対応したミドルウェアをSolaris 10上で稼働するようにした。

 両社は今後3年で500社からの受注獲得を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR