NECネクサ、内部統制コンサルティングサービスに新メニュー

WebBCN (BCN) 2006年09月27日 09時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECネクサソリューションズ(渕上岩雄社長)は9月25日、内部統制コンサルティングサービスに「内部統制プリアセスメントサービス」と「IT全般統制内部監査サービス」を追加し、メニュー体系を再整備した。

 「内部統制プリアセスメントサービス」は、業務処理統制とIT全般統制の両分野について、調査をベースに方針や体制、計画の策定を行うサービス。成果物として、内部統制に関する社内プロジェクトを立ち上げるための「プロジェクト計画書」を作成・提案する。これにより、アセスメントサービスに入る前に現状を確認し、アセスメントに必要な期間と工数を見極めることができる。

 「IT全般統制内部監査サービス」は、IT全般統制の整備状況と運用状況に関する内部監査の計画や実施、報告書作成を支援するサービス。同社の米国SOX法対応への経験と米国SOX法対応案件への支援実績をもとに、監査報告書作成までの運用を支援し、内部監査人の育成支援も行う。

 価格は個別見積もり。参考価格は、「内部統制プリアセスメントサービス」が最小規模で150万円から。同社では、アウトソーシングやシステムインテグレーションを含めたIT統制支援ソリューション全体で、今後3年間で約60億円の売上を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?