導入初期から高精度フィルタリング可能なスパム対策ASP型サービス--ユニアデックス

ニューズフロント 2006年09月27日 19時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニアデックスは9月27日、迷惑メール(スパム)対策ASP型サービス「迷惑メールフィルタリングサービス」と、同サービスを含むパッケージサービス「メールセキュリティーパック」の提供を開始した。

 迷惑メールフィルタリングサービスは、米IronPort Systemの迷惑メールフィルタリングシステムを利用し、メール発信元のIPアドレス情報をもとに迷惑メールを判定する。受信したメールの内容を解析して徐々に判定精度を高める方式と異なり、導入初期から高精度なフィルタリングが可能という。

 IPアドレスで判定を行う「レピュテーションフィルタリング」だけでなく、ユーザー環境に合わせて設定可能な「ホワイトリスト/ブラックリストによるフィルタリング」機能と、メール内容で判定する「コンテンツフィルタリング」機能も備える。ASP型のサービスであるため、ソフトやハードを新たに導入する必要がなく、運用時の負担も少ない。価格は以下の通り。

  • メールホスティングサービスの場合
    初期料金:無料
    月額利用料金(1ID当たり):210円(500IDまで)、158円(501ID以上)
  • ゲートウェイタイプの場合
    初期料金:2万1000円
    月額利用料金:2万1000円(固定基本料金)、50ID追加で1万500円から

 メールセキュリティーパックは、迷惑メールフィルタリングサービスに加え、「メール監査/保存サービス」と「ウイルスフィルタリングサービス」を一括提供するサービス。各サービスを個別に利用する場合に比べ、初期料金が47%、月額料金が最大40%安くなる。価格は以下の通り。

  • メールホスティングサービスの場合
    初期料金:4万2000円
    月額利用料金:15IDで4万7250円から
  • ゲートウェイタイプの場合
    初期料金:4万2000円
    月額料金:100IDで8万4000円から

 ユニアデックスでは、迷惑メールフィルタリングサービスは40社/1万ID、メールセキュリティーパックは100社への提供を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?