インフォリスクマネージ、脆弱性検査サービス「SiteScan2.0」を開始--毎日1回検査

CNET Japan Staff 2006年09月27日 21時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォリスクマネージは9月26日、リモート環境からサーバやネットワーク機器の脆弱性を毎日1回検査し、問題点や対策を報告するサービス「SiteScan2.0 Enterprise Edition」を10月から開始すると発表した。

 同サービスは、最新の検査項目で脆弱性レベルやセキュリティホールを把握し、対策状況をウェブポータルで一元管理し、組織全体のセキュリティを向上させる。検査パターンには、ラックのコンピュータセキュリティ研究所のものを使用する。

 価格は、IPアドレス3つまでが年間72万円。追加はIPアドレス1つごとに24万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR