マイクロソフト、同社製品への移行や対応を支援するパートナ向け無料プログラム

ニューズフロント 2006年09月29日 15時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月28日、同社製品への移行、新規対応、検証を支援するためのソフト/ソリューションパートナ向け無料支援プログラム「Application Platform Program」を10月2日に開始すると発表した。

 この支援プログラムを通じ、マイクロソフトは調布技術センターに移行/検証用の施設を設け、各種ツールや技術情報をパートナ各社に提供する。

 これまで実施してきた製品対応への技術支援に加え、業務用アプリケーションの開発企画段階で必要となるマイクロソフト製品への移行や新規対応に関するトレーニング、移行ツール、技術情報、プログラミング技法、ハードによる検証などを一括提供する。以下の製品を対象とする予定。

  • SQL Server 2005、SQL Server 2005 Express Edition
  • Visual Studio 2005、.Net Framework
  • Active Directory
  • Windows Server 2003(32ビット、64ビット)
  • BizTalk Server 2006
  • Exchange Server、SharePoint Server
  • Windows Vista
  • Windows Server “Longhorn”(開発コード名)

 マイクロソフトは、同支援プログラムによって、2007年6月までに100種類の製品/ソリューションが同社製品への移行および対応を予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?