米ウェブセンス、企業の機密情報漏えい対策を実現する新技術を発表

CNET Japan Staff 2006年09月29日 18時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Websenseは米国時間9月27日、情報漏えい対策の米PortAuthority Technologiesと提携し、個人情報や企業の業務上の機密情報の漏えいを防ぐ新技術の提供を開始することを発表した。

 今回の契約で両社は、PortAuthority Technologiesの情報分類/識別技術をウェブセンスにOEMすることに合意。ウェブセンスは、「Deep Content Control」と呼ばれる企業の機密情報漏えい対策技術を提供する。

 Deep Content Controlは、「デジタル・データ監視所」として動作し、従業員が機密情報を企業から持ち出す場合の手段と条件の管理をサポートする。これにより組織は、ユーザーの行き先、経路、ユーザーが送信または使用できる情報の種類を、ポリシー管理コンソールを使って一元管理できる。

 この技術を採用した新製品は、2007年上半期に出荷される予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?