NEC、OSSサービスのSpikeSourceに出資--「Core Stack」を国内販売へ

ニューズフロント 2006年10月05日 12時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとオープンソースソフト(OSS)サービスのSpikeSourceは10月4日、OSS分野で協業すると発表した。これにともない、NECとNECシステムテクノロジーは、SpikeSourceに対して200万ドルを出資した。

 SpikeSourceは、Apache、Tomcat、PostgreSQL、MySQLなどのOSSを組み合わせて動作検証を行い、「基盤スタック」として販売する企業。各基盤スタックに関するサポートサービスも提供している。独自の自動検証システムを導入しており、検証を短期間で終えられることが最大の特色という。

 今後、NECはLAPP(Linux、Apache、PostgreSQL、PHP)やLAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)、ウェブアプリケーションサーバ、データベースサーバ用の導入支援基盤スタック「SpikeSource Core Stack」とOSをIAサーバ「Express5800」シリーズに搭載し、中小規模市場を対象に販売していく。2006年11月にLinux版スタックの提供を開始し、その後Windows版スタックも販売する予定。

 さらに、SpikeSourceのCRMやビジネスインテリジェンス向けアプリケーションとSpikeSource Core Stackを組み合わせ、国内で販売する。NECのソフト製品とも順次組み合わせていく。

 NECでは、サポートサービスも含めたOSS関連事業の売上高を、今後3年間で170億円と見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?