トリニティー、無線LAN製品の新製品「IPN-W100AP」を発表--SAS-2とAESを組み合わせ

CNET Japan Staff 2006年10月04日 20時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリニティーセキュリティーシステムズ(T-SS)は10月3日、セキュリティ機能を搭載した法人向け無線LANアクセスポイント(AP)の新製品「IPN-W100AP」とクライアント用の無線LAN PCカード「IPN-W100CB」を発表した。

 新製品は、ワンタイムパスワード相互認証方式「SAS-2」(Simple And Secure password authentication protocol, ver. 2)と、業界標準の暗号化方式AES(Advanced Encryption Standard)を組み合わせ、プロトコルとして実装したT-SS独自の技術「IPN」(Identified Private Network)を搭載。高度なセキュリティを確保しながら、認証や暗号化・復号に要する処理負荷が軽いという。

 11月17日から、代理店を通じて出荷する予定。税別価格はそれぞれ12万8000円、9800円。

 T-SSでは、AP間を移動しても通信がとぎれない高速ローミング機能や複数のAP間の無線通信(WDS)を、無線LANに組み込まれたIPN技術(IPN-WLAN)によってセキュリティをより強固にする機能を追加して製品ラインアップを拡大していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!