日本SGI、スケーラブルビジュアルクラスタ「Silicon Graphics Asterism」を発表

CNET Japan Staff 2006年10月04日 22時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGIは10月4日、最新のグラフィックスプロセッサ(GPU)を搭載したスケーラブルビジュアルクラスタ「Silicon Graphics Asterism(アステリズム)」の販売を開始した。これにより同社は、ビジュアライゼーション(可視化)分野におけるインテグレーションビジネスを強力に展開する。

Silicon Graphics Asterism 最新のグラフィックスプロセッサ(GPU)を搭載したスケーラブルビジュアルクラスタ「Silicon Graphics Asterism」。

 Silicon Graphics Asterismは、CPUにAMDのマルチコアプロセッサを搭載。GPUには最新のNVIDIA Ultra High Performance Graphicsシリーズを採用。NVIDIA最新のQuadro Plex にもいち早く対応。オペレーティングシステムは、MicrosoftのMicrosoft Windows XP Professional、またはLinuxが選択可能。シングルノードからマルチチャネルのグラフィックスクラスタ構成まで拡張可能で、幅広いユーザをサポートする。

 参考価格は、最小構成で約90万円より。出荷の開始は、2006年11月を予定している。

 日本SGIでは、Silicon Graphics Asterismをベースにビジュアライゼーション技術を最大限に生かし、顧客に最適な可視化環境を構築。ビジュアライゼーションにおける総合的なコンサルティングや、常駐サポートを含む運用支援サービスなどトータルビジュアライゼーションソリューションを提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから