フォーティネット、UTM「FortiGate-3600A」を発表--WANインターフェースを増設可能

CNET Japan Staff 2006年10月05日 17時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーティネットジャパンは10月4日、UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)製品「FortiGate-3600A」を発表した。同日出荷を開始した。

 FortiGate-3600Aは、WAN(Wide Area Network:広域ネットワーク)インターフェースなどを増設できるポートとスロットを備えたUTMアプライアンス。FortiASIC CP-6(コンテンツ・プロセッサ-6)の搭載で、現行製品よりファイアウォールのパフォーマンスが最大50%向上したという。

 同機は、従来のFortiGateシステムと同様に、ウイルス対策、ファイアウォール、VPN、IPS(不正侵入防御)、スパム対策、スパイウェア対策、ウェブフィルタリング、帯域制御の機能を搭載している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR