日本HP、ブレードPCへ自動割り当てするリモートデスクトップ接続管理ソフトを発売

CNET Japan Staff 2006年10月05日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月4日、ユーザーごとに固有のブレードPCへ自動割り当てできるリモートデスクトップ接続管理ソフトウェア「HP Session Allocation Manager(SAM)」を10月5日から出荷すると発表した。

 SAMは、ブレードPCを用いた次世代型クライアント統合ソリューション「HP CCI(Consolidated Client Infrastructure)」の主要な要素である「リモートデスクトップ接続」を管理するためにHPが開発したソフトウェア。

 シンクライアントからブレードPCへのリモートデスクトップ接続のセッション情報を一元的に管理し、動的にブレードPCとのセッションをユーザーへ割り当てることが可能だ。ユーザーとブレードPCのセッション情報を保持することができる「フォローミーローミング機能(再接続、再表示機能)」も備えている。

 2年間ソフトウェア使用権、20ライセンスの価格は6万3000円から。同100ライセンスでは31万5000円から。4年間ソフトウェア使用権、20ライセンスは9万4500円から。同100ライセンスでは47万2500円から。ソフトウェアCD-ROMメディアは2100円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!