日立ソフト、暗号化したままで編集可能なUSBメモリソフトを発売--「秘文」シリーズ

ニューズフロント 2006年10月06日 15時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリングは10月5日、USBメモリによる情報漏えいを防止するセキュリティソフトの新版「秘文 AE CopyGuard Professional Ver.7.61」を同日から販売開始すると発表した。新版では、USBメモリに保存したPowerPont文書を、暗号化した状態で編集可能にした。

 新版となる秘文 AE CopyGuard Professional Ver.7.61は、USBメモリにインストールして使うソフトで、USBメモリ内のOffice文書を暗号化保護し、複製を制限する。これまで持ち出し先で参照のみ可能だったPowerPoint文書について、ほかのOffice文書と同じくUSBメモリ内で編集を行えるようにした。またUSBメモリの操作履歴を取得する機能を備え、持ち出し先での文書の扱いを容易に把握できるという。

 動作環境は、USBメモリを接続するPCのOSがWindows 2000 Professional(SP4)/Windows XP Professional(SP1、SP2)/Windows XP Home Edition(SP1、SP2)のいずれかで、CPUはPentiumIII 500MHz以上。

 内蔵メモリの容量は256Mバイト(推奨512Mバイト)。このほかPCには別途、Office 2000(SP3)、Office XP(SP3)、Office 2003(SP2)のいずれかをインストールしておく必要がある。

 価格は1ライセンスあたり2万1000円。1ライセンスで1個のUSBメモリを暗号化保護できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!