IBM、“使いやすさ”を求めてメインフレーム「System z」に1億ドルを投資

CNET Japan Staff 2006年10月06日 18時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米IBMは10月4日(米国時間)、同社のメインフレーム製品「IBM System z」をより使いやすいものにするために約1億ドルを投資し、2011年まで全社的な取り組みを進めていくことを発表した。

 この計画では、システム管理者やプログラマーが、メインフレームシステムのプログラミング、管理、運用をより容易に行えるようにするとともに、メインフレーム環境におけるアプリケーションの開発と導入の自動化をさらに推進することが目標とされている。

 具体的には、構成の自動チェック機能をはじめ、ユーザーインタフェースの改良、ソフトウェア資産管理テクノロジーの改善、開発環境へのビジュアルなツール群の導入などの施策が盛り込まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!