フォトレポート:「mySAP All-in-One」でF1マシンの部品に関わるライフサイクル管理を最適化したマクラーレン

山下竜大(編集部) 2006年10月08日 03時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 10月6日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)においてフォーミュラーワン(F1)世界選手権の2006年シリーズ第17戦、日本グランプリが開幕した。F1世界選手権に参戦するウェスト・マクラーレン・メルセデス・レーシング・チーム(マクラーレン)は、2001年よりスポンサードしているSAP AGのソリューションを活用することで、2006年シリーズを戦っている。
 10月6日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)においてフォーミュラーワン(F1)世界選手権の2006年シリーズ第17戦、日本グランプリが開幕した。F1世界選手権に参戦するウェスト・マクラーレン・メルセデス・レーシング・チーム(マクラーレン)は、2001年よりスポンサードしているSAP AGのソリューションを活用することで、2006年シリーズを戦っている。

 10月6日、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)においてフォーミュラーワン(F1)世界選手権の2006年シリーズ第17戦、日本グランプリが開幕した。F1世界選手権に参戦するウェスト・マクラーレン・メルセデス・レーシング・チーム(マクラーレン)は、2001年よりスポンサードしているSAP AGのソリューションを活用することで、2006年シリーズを戦っている。

 2006年のF1世界選手権は、全19戦を中1週、または中2週で転戦する。各チームは、この期間内に前のレースで発生した問題を解決し、次のレースに備えなければならない。そのためには、もはやコンピュータや最新テクノロジを使用することは不可欠になっている。マクラーレンでは、今年使用しているF1マシン「MP4-21」に搭載している新しいV8エンジンの開発に、SAPの中堅企業向けのソリューション「mySAP All-in-One」を活用している。

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?