2006年度の「日本OSS貢献者賞」の受賞者が発表--Seasar比嘉康雄氏も選ばれる

吉澤亨史 2006年10月10日 20時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)は10月10日、優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の開発者を表彰する「2006年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を選定したと発表した。

 今回は自薦、他薦により広く推薦を受けた50名の候補者から、審査委員会の審査によって受賞者を決定した。受賞者4名は以下の通り。

  • 比嘉康雄氏:J2EEサーバのDI(Dependency Injection:依存性注入)コンテナ「Seasar」の開発
     最新技術をOSSとして実装したことに加えて、優れたプロジェクト運営により開発コミュニティに成長させていること、ビジネス市場に大きな影響を与えていることも評価された
  • 平林俊一氏:C++統合開発環境「WideStudio/MWT」の開発プロジェクト
     LinuxやBSD、MacOS、BTRONなど多数のプラットフォームに対応しており、C/C++、Java、Rubyなど広範囲なプログラミング言語をサポートしているOSSは「世界でも類を見ない」(IPA)。海外を含めて数万人の利用者がいる
  • 山本博之氏:メールソフト「Sylpheed」の開発
     山本氏は大学時代から開発を続けている。さまざまなプラットフォーム上で広く利用されており、主要なメールソフトとして認識されている。多くのメールソフトがビジネスベースで開発されているのに対して、「主に個人として地道な活動を続け、世界に広めた実績は高く評価できる」(IPA)
  • 吉藤英明氏:Linux用IPv6プロトコルスタック「USAGI」の開発
     吉藤氏は、IPv6プロトコルスタックをLinux本体のソースコードツリーに統合するために尽力、Linuxにおける日本からの大きな貢献の一つとみなされている。「大学での研究成果を反映・還元している良いモデルケース」(IPA)

 日本OSS貢献者賞は、日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的としたもので、今回で2回目となる。影響力のある開発プロジェクトを創造、運営した開発者やグローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者や普及に貢献した者を表彰するというもの。

 2006年度日本OSS貢献者賞の表彰式は、10月24日に明治記念館において開催される「IPAフォーラム2006」で表彰式が行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!