ファンケル、顧客管理システムへのログイン認証に日立の指静脈認証装置を採用

CNET Japan Staff 2006年10月11日 11時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は10月10日、化粧品・健康食品大手のファンケルが日立製作所の指静脈認証装置によるPCログイン認証システムを採用したことを発表した。システムは、9月12日より稼働している。

 ファンケルは、日立の指静脈認証技術が、成りすましや偽造が困難なこと、認証速度が速くいこと、装置が小型で設置しやすく、使いやすいことなどを評価して同システムを採用。全国46都道府県にある215のグループ直営店舗に設置してある顧客管理システムで、ショップの従業員など約1600人が同システムを利用する。

 ファンケルは、化粧品・健康食品などを製造し、通販・直営店舗・卸などの販売チャネルにて販売しているが、その過程で収集・蓄積される消費者の個人情報、取引先情報などの重要な情報について、2000年に認証取得しているISO9001のプロセス管理に従った取扱ルールと基準を明確にして厳重な管理をしている。

 こうした情報セキュリティの管理レベルをさらに向上させるため、顧客管理システムのログイン認証に、日立の指静脈認証技術を採用した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!