日本ユニシスが「セキュア・シンクライアント」を出荷--サーバ1台で25〜30台のクライアントを管理

CNET Japan Staff 2006年10月12日 18時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは10月11日、安全性の高い大規模オフィス環境を短期間に構築でき、運用管理コストを低減する「セキュア・シンクライアント」の販売を同日から開始すると発表した。今後2年間で60億円を見込む。

 セキュア・シンクライアントは、セキュリティの3要素である「機密性」「可用性」「完全性」を確保したソリューション。ID管理システムとシングルサインオンを連携し、スマートカードとシンクライアント専用端末(Windows Based Terminal:WBT)の連携を図ることで、あらゆる端末環境での利用を実現。マルチサーバブートシステム(MBS)により、管理コストをPCの1000分の1に削減できるという。

 MBSは、1〜40台のCPS(Citrix Presentation Server)サーバを起動することができる。 CPSサーバ1台で25台から30台のシンクライアントをサポートできるため、40台のCPSサーバを使えば、1000台のシンクライアント環境で利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから