既存PCを利用してサーバベースコンピューティングを実現する--NTTアイティ

CNET Japan Staff 2006年10月12日 18時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTアイティは10月11日、法人ユーザーが対象のサーバベースコンピューティング(SBC)環境を、シンクライアントの代わりに既存のWindows PCをそのまま利用して実現するSBCセットの販売を10月12日から開始すると発表した。

 SBCセットは、VPNを応用した技術「MagicConnect NDL」を使って既存のWindows PCをそのまま利用し、情報漏洩防止とコスト削減を可能にする製品。社内外を問わずシームレスに適用することができる。セキュリティルームに処理PCとしてブレードPCやサーバを設置し、社内の既存のWindows PCをシンクライアントの代わりにそのまま利用できる。

 これにより、社内情報ファイルの流出や持ち出しを防止することや、印刷物の出力先管理が容易になる。個人専用USBキーによってなりすまし利用を防止することも可能で、社外からもシームレスに社内業務を行えるため、業務効率を損なうこともないという。

 価格は、MagicConnectサーバソフトが1サーバあたり315万円。USBキーとブレードPCを組み合わせるエントリモデルは、10ユーザーあたり152万2500円。年間100セットの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!