図研ネットウエイブ、スパム遮断アプライアンスを販売--韓国企業と提携

CNET Japan Staff 2006年10月12日 19時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 図研ネットウエイブと韓国のテラステクノロジーは10月11日、図研ネットウエイブがテラステクノロジーの迷惑メール(スパム)遮断ソリューション「SPAM WATCHER Appliance」を販売するチャネルパートナーシップを締結することで合意したことを発表した。

 SPAM WATCHER Applianceは、メモリ上でキューイング処理をする高性能MTA技術をもとに開発されたメッセージングセキュリティ製品。コムタッチのスパムフィルター技術であるRPD(Recurrent Pattarn Detection)による検知に加え、自社開発のデータベース検知や学習機能を備える。

モデルメモリ隔離所要量最大処理容量
(1日)
SPAMWATCHER 1001Gバイト10Gバイト100万通
SPAMWATCHER 2001Gバイト30Gバイト100万通
SPAMWATCHER 3002Gバイト50Gバイト200万通
SPAMWATCHER 5004Gバイト150Gバイト500万通
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?