マイクロソフトと日本HP、顧客対応業務向けSIおよびサービス分野で協業

ニューズフロント 2006年10月14日 17時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトと日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月13日、顧客対応業務におけるシステムインテグレーション(SI)およびサービス分野で協業すると発表した。

 両社は、デスクトップ連携フレームワークである「Microsoft Customer Care Framework 2005(CCF)」をベースに、コンタクトセンターやコールセンターといった業務向けのSIとサービスを提供する。CCFによるアプリケーション統合/連携と、コンピュータ電話統合(CTI)などを実現するシステム構築を行うことで、顧客対応業務の効率化を目指す。

 具体的な取り組みとして、導入および開発の事前検証を行うサービス「HP CCF プルーフ・オブ・コンセプト(HP CCF PoC)サービス」の提供を10月13日に開始した。同サービスでは、顧客の実業務アプリケーションの一部について、本格導入時の業務効果を事前に評価する。料金は200万円からとなる。

 また、日本HPは、同サービス用のデモンストレーションセンターを社内に開設した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?