国内ITサービス市場、2010年には5兆5526億円規模に--IDC調べ

CNET Japan Staff 2006年10月14日 02時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanは10月12日、国内ITサービス市場規模予測を発表した。

 同調査によると、2005年の国内ITサービス市場規模は前年比3.3%増の4兆7048億円。2005年〜2010年の年間平均成長率(CAGR)は3.4%で成長し、2010年には5兆5526億円に達する見込みだ。

 企業のIT投資抑制の影響により2000年から2003年まで成長が鈍化してきた国内ITサービス市場。2003年後半より国内経済が回復基調を強めたことを受けて、システム刷新や新規構築案件が増加し、2005年の国内ITサービス市場は前年比成長率を改善した。

 ITエンジニアの要員不足は顕在化しているが、これがITサービス需要を底上げしている。サービスベンダーにおけるITエンジニアの不足感も高まっており、オフショアリソースの活用が拡大した。

 一方で、ITアウトソーシングの成長は鈍化。同サービスの契約更新時期を迎えた案件で、サービス内容/価格の見直しが増加している。2006年以降も緩やかに成長率を下げながら推移する見込みだ。

 IDCは、2006年以降の国内ITサービス市場は、堅調な成長を継続すると予測している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!