独自のホスト侵入防止システム技術搭載のセキュリティソフトを発売--ソフォス

CNET Japan Staff 2006年10月14日 03時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフォスは10月12日、小規模から中規模の組織向けセキュリティ対策製品の新バージョン「Sophos Security Suite(ソフォスセキュリティスイート)」の提供を同日から開始すると発表した。価格は5ユーザーパックで年間5万7000円(税別)から。

 Sophos Security Suiteは、WindowsおよびMacintosh向けのセキュリティ対策オールインワンパッケージ。ウイルス、スパイウェア、アドウェア、スパム、不正侵入などから端末を守ることができる。

 独自のHIPS(ホスト侵入防止システム)技術「Behavioral Genotype Protection(振る舞い検出型遺伝子脅威検知)」によって、悪意のあるプログラムが実行される前に検知することも可能という。Behavioral Genotype Protectionは、アプリケーションの振る舞いを常に監視し、疑わしいと思われるものを検出・停止することで、定義ファイルが更新される前の最新の脅威を阻止するという機能。

 HIPSは、ほかのベンダーでも提供しているが、ソフォスでは「一般的なHIPSは一部実行されたプログラムコードを監視し、検知・阻止するのに対し、Behavioral Genotype Protectionの場合、コードが実行される前にソフォス独自の遺伝子型脅威検知テクノロジによって、悪質な振る舞いを実行しうるプログラムを検知・阻止する」と説明している。

 また、集中管理ツール「Sophos Control Center」を使うとネットワーク内のセキュリティステータスを一目で把握できる。ウイルスだけでなく、アドウェアやPUA(業務上不要と思われるアプリケーション)を集中管理し、駆除する機能を提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!