日本ベリサイン、ジュニパーネットワークスと連携しIDP製品などの監視・管理サービスを提供

CNET Japan Staff 2006年10月14日 03時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインは10月12日、同社のセキュリティ機器運用アウトソーシングサービス「ベリサインマネージドセキュリティサービス」においてジュニパーネットワークス製ファイアウォール製品とIDP(Intrusion Detection and Prevention:侵入検知防御)製品の監視・管理サービスの提供を開始することを発表した。

 ベリサインマネージドセキュリティサービスは、顧客企業のファイアウォールなどのセキュリティ機器の監視・管理を24時間365日、アウトソーシングによって提供するサービス。独自の情報管理アーキテクチャ「TeraGuard」により、リスクの事前察知による予防管理、セキュリティ脅威の特定を可能にする。

 今回の発表で日本ベリサインは、ジュニパーと技術的な連携を強化し、ベリサインマネージドセキュリティサービスのファイアウォール監視管理サービスとIPS監視管理サービスをジュニパー製品に対応させる。

 対象となる製品は、NetScreen(5GT、5XT、25、50、204、208、500、5200、5400)とIDP(50、200、600、1100)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!