日本SGI、セイ・テクノロジーズと提携拡大--セイ・テクノロジーズ株の62.2%を取得

山下竜大(編集部) 2006年10月18日 11時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGIは10月17日、エンタープライズ分野のソリューションビジネスの強化を目的に、セイ・テクノロジーズとの業務提携を拡大することを発表した。この発表に伴い日本SGIは、セイ・テクノロジーズの株式の62.2%を取得している。

 日本SGIは、セイ・テクノロジーズとの連携を深めることで、データセンターのシステム監視サービスや企業の分散環境の部門サーバの一元的な運用ツールを提供する。また、サーバだけでなく、情報機器の監視分野で実績を持つセイ・テクノロジーズと組み込み機器を対象とした“監視の多角化”を展開。ユビキタス時代のエンタープライズソリューションを両社共同で拡大する。

 さらに、セイ・テクノロジーズの経営基盤の強化により、自律分散型サーバ監視ソフト「BOM(ボム)」の継続的な機能向上を行う開発体制を整備。情報機器全般を監視する新しいソリューションの開発と拡販を推進する。日本SGIは2005年9月より、セイ・テクノロジーズBOMのLinux版「X-AIDER(エックスエイダー)」を共同で開発し、販売している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?