住商情報システム、米社製全自動二重化クラスタリングソフトウェアを販売

CNET Japan Staff 2006年10月18日 12時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システム(SCS)は10月16日、米Marathon Technologies製の二重化クラスタリングソフトウェア新製品「everRun HA」の出荷を10月16日より開始すると発表した。

 everRun HAは、二重化技術および仮想化技術を搭載したクラスタリングソフトウェア。2台の標準PCサーバで、1台の高信頼仮想サーバを提供できるという。クラスタ非対応のアプリケーションもサポートし、アプリケーションの特殊設定は不要。共有ディスクを新たに導入する必要もない。

 ハードウェアの障害が発生しても自動的に別のサーバでサービスが再開される仕組みを持つクラスタは、サービスの停止時間を短く抑えることから、さまざまなシーンで利用されている。

 しかしクラスタは、導入・運用に高度なスキルを必要とする、利用できるアプリケーションが限られる、クラスタを開発するベンダーが認定するハードウェアが必要なことからハードウェアのコストが高くなる――などの理由から導入をあきらめざるを得ないケースが多いと言われている。

 SCSでは、これらの懸念を一掃して、どんなアプリケーションでも簡単に、安価にクラスタを構築できるソフトとしてeverRun HAは利用できると説明している。

 税別価格は98万円から。初年度1000ライセンスの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR