NTTコム、ICカード内での生体認証用共通プラットフォームを開発

CNET Japan Staff 2006年10月18日 12時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズは10月16日、多目的ICカード「eLWISE」を利用して生体認証(マッチオンカード方式)を実現する共通プラットフォームを開発したことを発表した。同社は、これを活用した新しいセキュリティソリューションの提供を開始する。

 新セキュリティソリューションでは、ICカード内に共通プラットフォームを持たせたことで、複数の生体認証アプリケーションを1枚のICカードで利用可能になる。マッチオンカード方式を採用し、登録された生体情報をeLWISE内部に保存、カードに搭載されたプロセッサ上で照合処理を行えることが特徴だ。

 対応リーダ・ライタには、サイレックス・テクノロジーの指紋認証装置「S3n」などがある。

 2007年1月から提供を開始する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?