日立システム、Javaソースプログラムの脆弱性を摘出するセキュリティ検証サービスを開始

CNET Japan Staff 2006年10月19日 00時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービス(日立システム)は10月17日、Javaで書かれたウェブアプリケーションの主な脆弱性「クロスサイト・スクリプティング」や「SQLインジェクション」などの検証を行うサービスを「InspectPro(インスペクトプロ)」シリーズのラインアップへ追加し、同日よりサービスを開始すると発表した。

 InspectProは、ソースプログラムの不良を摘出してレポートするサービス。検証ソフトで自動的に不良の可能性が高い部分を検出する一次解析と、一次解析結果の中から専門アナリストが過剰指摘を排除する二次解析を組み合わせて不良原因が報告される。

 システムダウンや動作不正向けの「信頼性検証サービス」とCやC++向けのセキュリティ上の問題箇所を摘出する「セキュリティ検証サービス」が現行サービスで、今回の発表で新たにJava対応のセキュリティ検証サービスを開始することになる。

 Java対応セキュリティサービスで対象とする問題箇所は、クロスサイト・スクリプティング、SQLインジェクションに加え、HTTPレスポンス分割、ディレクトリトラバーサルなど。これらはソースプログラムの記述変更で対策が可能になる。

 また、新たに重要な脆弱性が報告された場合や個別ニーズに応じて摘出対象とする脆弱性の追加も行う。

 今後2年間で売上高5億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR